福祉住環境コーディネーターの意味と将来性

福祉住環境コーディネーターの意味と将来性を今回は紹介します!!!

<福祉住環境コーディネーターができた経緯>
日本は今後、高齢化社会になります!
日本の65歳以上の人口は2000万人を超え、近い将来に世界一の長寿大国になることが予想されています。

そこで、高齢者の方々が楽しく、そして安心して生活することができる環境施設が必要になってきます。

そのなかでも住宅は家の中で過ごすことの多い高齢者にとって第一の生活基盤であり、はつらつと生活するための重要な要素です。

しかしながら、老化による身体機能の低下で、住居内のさまざまな部分、例えば段差や階段でつまずいたり、浴室やトイレ、水回りの設備などに欠陥を感じるようになります。

驚くことに、お年寄りの住居内での事故は年々増加傾向にあります。
そして、同年代の交通事故死亡者数を上回っているほどです。

これらを解決するための有効な手段として住宅改修があります。しかしこれには、ソーシャルワーカーや建築関係者、理学療法士、作業療法士など多くの専門家が連繋し、多角的な視野に立ったコーディネートが必要になってきます。

しかし、どこに住宅改修を依頼していいのかわからないのが現状です。依頼できたとしても最初に相談した窓口の専門性が前面に出てしまい、バランスの悪い改修になってしまうなどという問題もでてきます。

そこで、住宅改修に関わる各種の専門家と連繋をとりながら、クライアントに最適な住環境を提供する人材が、福祉住環境コーディネーターなのです。

ということで、
福祉住環境コーディネーターはこれからますます必要とされる人材であり、活躍が期待されるのです。

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/33394974

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。